歯の矯正は誰でもできるの?リスクと費用

矯正に掛かる費用を計算しよう

>

ワイヤーを使った矯正

費用を比べてみよう

歯の表側にワイヤーを装着し、少しずつ歯を動かして整える方法を表側矯正と呼んでいます。
費用は軽症の場合だと60万円ほどで済みますが、重症の場合は130万円ほどが掛かってしまいます。
さらにこの方法だと、口を開いた時にワイヤーが丸見えになってしまうリスクがあります。

周囲にワイヤーの存在を知られたくない人は、裏側に付ける方法を選択しましょう。
この方法を、裏側矯正と言います。
目立たない面は大きなメリットですが、かなり費用が高く軽症でも100万円、重症だと170万円が相場です。
金銭的な負担を削減するなら、表側矯正と裏側矯正を併用するハーフリンガル矯正を選びましょう。
すると費用は、80万円から150万円ぐらいです。

ワイヤー矯正のリスク

この方法だと、矯正中の痛みが大きくなる面が1つ目のリスクです。
歯を無理に動かすようなものなので、どうしても痛みを感じます。
あまりにも痛みが強くて我慢できない場合は、すぐ歯医者に相談してください。
すると、ワイヤーの位置を変えるなど対処してくれます。

また矯正している時は、ずっとワイヤーを装着しています。
するとワイヤーが邪魔で、うまく歯を磨けないかもしれません。
次第に口内に汚れが溜まり、虫歯を発症してしまうというのが2つ目のリスクです。
そうならないよう、矯正中はいつもより念入りに歯を磨いてください。
さらにワイヤーが外れると、口内を傷つける恐れがあります。
外れた時はすみやかに歯医者に行き、再度付けてもらいましょう。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる